福岡地獄大喜利-跡地-

福岡地獄大喜利のアーカイヴと、たまに大喜利。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

次大会のお知らせ

福岡地獄大喜利、主宰のらんちゅうです。


ちょっと早いですが、
次回の地獄大喜利の開催日程をお知らせいたします。


予選も開催しますので、ふるってご参加ください。


予選のエントリーに関しては、もう少し日が近づいてから開始します。




【予選】
『福岡地獄大喜利~疲~』

2013年10月27日(日)
≪予選1≫11:00~13:00
≪予選2≫14:00~16:00
≪予選3≫16:30~18:30
≪最終予選≫19:30~20:30

会場:甘棠館SHOW劇場(唐人町商店街端っこのパン屋横の階段上)
エントリー料/観覧料:500円
(今回はエントリー料をいただきます!あしからず!)


「基本ルール」
前大会「業」と同じ。以下に記述する。


【その1】
『審査員は固定』
今回に限らず福岡地獄大喜利の審査は特定の3名により行います。
今回は主宰のらんちゅうと、らんちゅうが指名した1名、
そして別の予選に参加する人から1名の、計3名が審査します。


【その2】
『制限時間内は何回答してもOK』
2問×6分=12分の間で何度回答してもOKです。
後述する「審査の基準」と「勝敗の決定方法」を考慮していただいて
作戦を組み立ててみてください。


【その3】
『審査員3名が手元の用紙に得点を記入していきます』
各審査員は審査用紙を手元に持ち、
1回答ごとに「0〜3点」の得点を記入します。
0点→うーんイマイチ。
1点→面白い!
2点→すご面白い!!
3点→超おもしろかっこいい!!!
審査は各審査員の主観ゴリゴリでいきます。
もちろん会場のウケを無視してはいけませんが、
会場が爆発してても「それってどうなのよ」って答えもある訳で。
また、試合終了時点で各審査員がその試合中で一番好きだった「ベスト回答」を選びます。
ベスト回答にはボーナスとして1点が加点されます。
例えば、ボーナス回答が3点を獲得していた場合は「+1」して4点。
2点だった場合は「+1」して3点、といった具合です。


【その4】
『採点経過は非公開』
得点は対戦中は一切公開しません。
対戦終了後に発表をします。
これは北九州の大喜利組織「おもさそ」の形式にのっとってます。
リアルタイムで得点を発表していくことにより生まれる興奮や
試合展開などもあるんですが、福岡地獄大喜利はこれでいきます。
点数に天井を設けないことで時間いっぱい大喜利が観れることと
点数を公開しないことで審査員もお客さんも回答に対して
フラットでドライな視点で挑めるかなーと思いまして。
1試合はお題2問(1問の制限時間6分)です。
6分経った時点で書き終えてる人まで回答できます。


【その5】
『勝敗の決定方法』
3名の審査員の結果を合算することはありません。
「各審査員ごとの勝者」を決定します。
たとえば、
・審査員①「Aさん:10点」「Bさん:9点」
・審査員②「Aさん:12点」「Bさん:13点」
・審査員③「Aさん:8点」「Bさん:10点」
という採点結果だった場合、
・審査員①の勝者→Aさん
・審査員②の勝者→Bさん
・審査員③の勝者→Bさん
となりますので、2対1でBさんの勝ちということになります。
審査員ごとに点数の振れ幅が違いますので、
こうやったほうがいいかなと思い、こんな感じにしました。

★★★で、ここ重要!!★★★
試合終了時(2問終了時)、
各審査員が手元の採点用紙に記入された得点を確認し、
全回答の中から両者それぞれの「獲得点数の高い回答5つ」をピックアップし、
その合計点で勝敗を決します。

(例)
Aさんの獲得点:2,2,1,1,2,3,2,1,1,2 ⇒ 総得点17点
Bさんの獲得点:3,2,2,4(ベストアンサー),1,1 ⇒ 総得点13点

…みたいな感じだった場合、総得点ではAさんが勝ってますが、
「獲得点の高い回答5つ」をピックアップすると以下のようになります。

Aさんの上位5回答:3,2,2,2,2 ⇒ 総得点11点
Bさんの上位5回答:4,3,2,2,1 ⇒ 総得点12点

…という感じでBさんの勝利となります。

もし、3人の審査員の判定の結果が、
「A、B、同点」とか、「同点、同点、同点」みたいな感じで割れた場合のみ、
「同点」と判定した審査員の採点経過を確認し、
5回答以下の全ての点を合算した総得点で勝敗を決します。
つまり手数もある程度出しておいた方がいいかもねって話です。

で、もし総得点を検証した結果も
「A、B、同点」、「同点、同点、同点」みたいな感じで割れた場合は、
ベストアンサーを獲ってる側を勝者とみなし、判定します。


【その6】
『組み合わせについて』
らんちゅうがクジ引きをし、決定します。
組み合わせは当日の発表とさせていただきます。


≪最後に≫

今回の予選大会「疲」は、
8名のトーナメント形式予選を3回行ない、
各トーナメントの優勝者3名と、敗者復活者1名の
4名による最終トーナメントの結果、優勝した人が
12月に開催される本選にコマを進めるというものです。
(敗者復活者はらんちゅうと指定審査員1名が審議の上、決定します。)
本選進出の度量があるかどうかを見極めるべく、
1回戦から全試合タイマン6分×2問で行ないます。
11時~20時30分くらいまで、
間にちょこちょこ休憩を挟みながらやります。
かなり疲れることになろうかと思いますが宜しくお願いします。

何かご意見・ご質問等ございましたらお気軽に!



そして本選はコチラ↓↓↓



【本選】
『福岡地獄大喜利~代~』

2013年12月1日(日)
15:00開演
会場:甘棠館SHOW劇場(唐人町商店街端っこのパン屋横の階段上)
入場料:2,000円

≪出演≫
・お手てつないで(東京/「オオギリダイバー」主宰)
・コパン君(大阪/「大喜利鴨川杯」解説)
・たけのくち(東京/「第14回大喜利天下一武道会」優勝)
・橋本(東京/「大喜利天下一武道会」解説)
・リッキー(福岡/「福岡地獄大喜利~業~」準優勝)
...and more


本選のルールは予選と全く同じです。
強力なメンツが続々追加予定!
この日は絶対空けといてくれよな!

そして、前日の11月30日も空けておくといいことあるかも??
  1. 2013/04/27(土) 20:59:05|
  2. 情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「業」のレポ

遅ればせながら、
2013年3月3日に開催致しました
「福岡地獄大喜利~業~」のレポでございます。
mixiにあげたものとほぼ同じ内容です、あしからず。

毎度のことながら、
ご出演いただいた皆様、
ご協力くださった皆様、
ライブの成功を案じてくださった皆様、
そして何よりお金を出して見にいらしてくださった皆様、
本当に本当にありがとうございます。

出演者の皆様の面白さはもちろんのこと、
何よりお客様のあたたかい笑い声のおかげで、
ライブが、そして動画が成立します。
ありがとうございます。


今回の地獄大喜利には、
審査員及びハーフタイムマッチ出演者を含め、
計8名の遠征者の方にご参加いただきました。
地獄大喜利をやる上で、
主宰として、
そんでイチ大喜利ミーハーとして、
やっぱり異文化交流というか、
混じりあったことのないもの同士の化学反応が見たいっていう
そんな気持ちがありまして、
そういう点を意識したマッチメイクだったり、
オファーを心がけました。
福岡で大喜利をやってる人の面白さを
関東や関西の方に知っていただくのと、
まだまだ世の中にはこんな面白い人がいるんだぜーっていうのを
福岡の人に知っていただくことが同時にできちゃう。
なんとも主宰冥利に尽きるじゃありませんか。
特に福岡は遠いってこともあり、
生大喜利において鎖国気味なのでなおのことです。



さてさて、ライブの話に参りましょうか。


「福岡地獄大喜利~業~」の準備は、
かなり直前までバタバタやって、
ライブ前日までが僕の中でマジで地獄でした。
1人で主宰をやってるとこういう部分で地獄が顔を出します。
友達の少なさと人望の無さ、
そして何より基本的に人を信用していないクソな性格が災いした結果です。
業ですよ、業。


ネイノーさんが直前に諸事情により
福岡に飛ぶことができなくなってしまったため、
緊急でマウンテンにオファーをかけることに。
なぜマウンテンにオファーをかけたかは動画内でご確認ください。


なんじゃかんじゃで準備が間に合い、当日。


いつもどおり朝9時に会場入りし、
映像と音響のチェック、会場設営を1人で。
孤独だけど、何気にこの時間がけっこう好きだったりする。
ひとり上手と呼ばないで。


桜ミントカフェ大塚さんを皮切りに、
続々と集まってくる出演者の皆様。
いやいやそうそうたるメンバーだ。
このメンバーが唐人町くんだりまで来てくれるなんて
すごいことだよ。本当に感謝しても感謝しきれない。


ある程度揃ったところで、
軽く全体を流れでやる簡単なリハ。
とりあえず、
書き心地を確かめていただくのと肩慣らしを兼ねて
全員に最低1答ずつしていただく。
お題は「北斗の拳のボツになった決め台詞」。
ヨロさんの「家族はもう呼んである」と、
リッキーさんの「お前はもう俺に隠れてパートに出なくていい」が
リハながら最高だったな、シビれたな。
おもさそスゲーよ。


古賀くんのペンの重さと緊張具合、
ハーフタイムマッチのフワフワ感に一抹の不安を抱きながらも開場。
地獄大喜利の幕はあがるのであった。




オープニング映像は、
この1年くらいで撮りためた大喜利の映像を中心に、
自分の葬式で流しても問題ないくらいの内容のものにしました。
走馬灯のようなね。
音楽は中学生の頃から大好きなムーンライダーズの「BEATITUDE」。
ライブのサブタイトルが「業(カルマ)」ですからね。




いつもどおり歯切れの悪い自分の前説とルール説明を経て、
オープニングマッチへ。

『いっぺぃ vs 松澤』
【動画】

なんて最高の組み合わせなんでしょうか。
刃牙でいうとオーガ対海皇が初戦にきちゃうようなそんな感覚。
勝負する前から面白いことが約束されてるようなそんな一番。
ライブでの大喜利を初めて見る人も多いことでしょうから、
お客様がこのあとのトーナメント出場者を
1試合目から万全のテンションで楽しめる状態になるよう、
オープニングマッチの強度には気を遣いました。
その期待通りお2人とも最高のバカ回答を連発してくださりました。
面白かったなー。
俺スナさんのTwitterのアイコンを使った「写真で一言」もやれたので、
もうこの時点で僕の満足度はかなりなもんでした。

【結果】
ジャッジあのころ[12 - 13]松澤
ジャッジいしだ[13 - 14]松澤
ジャッジらんちゅう[12 - 13]松澤
勝者「松澤」





オープニングマッチが終わり、
トーナメント出場者を呼び込み。
そうそうたるメンツ。
「このうち半分が1回戦で負けちゃうのかー。酷だなー。」と思いました。



1回戦第1試合『古賀充泰 vs ヨロ昆布』
【動画】

甘棠館を根城にしていたアマチュアお笑い団体「お笑い番長」出身で
現よしもと所属プロ芸人である古賀くんと、
甘棠館でのお笑いライブ出演を皮切りに
ライブ大喜利での実力をメキメキと上げていったヨロさん。
一見、なんでもない組み合わせのようで、
個人的にはけっこうドラマチックな組み合わせでありました。
1問目で安定感バツグンの回答を重ねていったヨロさんが
優勢かと思われましたが、2問目での古賀くんのパンチ力と、
アホながらもお題に対しての向き合い方がマジメになってしまった
ヨロさんの回答スタイルが明暗を分けちゃったかなという感じでした。

【結果】
ジャッジ松澤[11 - 9]古賀
ジャッジいっぺぃ[12 - 11]古賀
ジャッジらんちゅう[11 - 10]古賀
勝者「古賀充泰」




1回戦第2試合『大迫旭洋 vs 店長』
【動画】

メガネ対決!
前大会で準優勝者を輩出した九州演劇界からの刺客・大迫さんと、
ここ1年の大喜利の安定感がハンパじゃない店長さんの対決。
どアウェイの環境下で、
物怖じせずに回答を重ねていった大迫さんの戦い方が印象的でした。
回転寿司の回答面白かったなー。
そして店長さんはやっぱ強い。
地獄大喜利ルールで見てみたいなと思ってましたけど、
案の定フィットしまくりでした。
2問目のでじこお題は、
よりはっちゃけた店長さんがマウントとった感じ。
いやー。出してよかったこのお題。

【結果】
ジャッジ松澤[9 - 14]店長
ジャッジいっぺぃ[10 - 14]店長
ジャッジらんちゅう[12 - 12]ドロー
勝者「店長」




1回戦第3試合『番茶が飲みたい vs マウンテン』
【動画】

福岡出身者にして関西の賞レースを総ナメにしている番茶さんと、
関西から出戻りして福岡に帰ってきた孤高の芸人マウンテンの対決。
前々から「見たい見たい」と思ってた対決でしたが、
いざフタを開けてみるとこんな感じに!
ヒヤヒヤしたぜー!!
2人とも割りと他の人よりも
当日のコンディションやお題との相性で回答の面白さの高低差が
発生しやすいんですよね。
でもやっぱキメる時はキメてくれるなー。
番茶劇場に引きずり込んだあとの番茶さんは本当強い。麻薬。
マウンテンは悪いときのマウンテンでしたが、
それでも良く喰らいついたと思います。

【結果】
ジャッジ松澤[13 - 10]番茶
ジャッジいっぺぃ[14 - 10]番茶
ジャッジらんちゅう[12 - 11]番茶
勝者「番茶が飲みたい」




1回戦第4試合『借りパク憐れみの令 vs リッキー』
【動画】

新感覚大喜利サイト「アトなリズムJP」を立ち上げたばかりの
借りパクさん対はたらく大喜利おとうさんリッキーさん!
1回戦の最後にいっちょ骨太な試合が見たいなと思ってたということと、
「この試合を1回戦前半に持ってきたらややヘビーかな」と思い、
4試合目にしました。
お題に対する様々な調理法を見せてくれる借りパクさんに対し、
「なんでそうなるの」ってバカワードを絡めてくるリッキーさん。
1回戦のトリを飾るに相応しい、いい打ち合いでした。

【結果】
ジャッジ松澤[10 - 13]リッキー
ジャッジいっぺぃ[11 - 12]リッキー
ジャッジらんちゅう[12 - 14]リッキー
勝者「リッキー」




ハーフタイムスペシャルマッチ『ゆかい vs ぱとらっこ』
【動画】

今回の地獄大喜利動画の中で、
この動画が一番再生数の伸びがいいってどういうことだよ!
みんなイカれてるよ!
借りパクさん対リッキーさんとか見ろよ!
いや、でも本当にこのハーフタイムマッチは
マッチメイク勝ちだったなと思いました。
たぶん生大喜利ライブにおいて、
これだけシッカリした自由時間がぱとらっこさんに与えられたのは
初めてのことだと思いますし、
ぱとらっこさんが無事やりおおせたのは
ゆかいさんという媒体が隣に存在していたからに
相違ありませんし、
また、ゆかいさんのフリーダムっぷりが
これだけ生かされた状態で客席に叩きつけられたのは
ぱとらっこさんという絶妙な媒体が隣に存在したからに
相違ないと確信しています。
この2人にして本当によかった。
ただの大喜利ライブにしないために、
地獄大喜利が地獄大喜利であるために、
絶対に必要な時間でした。
気がつけばこんなに文字数割いちゃってるのがその証拠です。
ごたくはいいです。動画をご覧ください。
「なげー!まだ7分半ある!」「完全にただのやべーやつだよ!」
って言う松澤さんの声がイキイキしてて嬉しいです。

【結果】
[37 - 48]
勝者「ゆかい」



ここで10分間の休憩。
これまた、「絶対に必要な」休憩。
あのハーフタイムマッチの直後に準決勝やらせることは
さすがにできないからですね。




準決勝第1試合『古賀充泰 vs 店長』
【動画】

「これを期にぱとらっこさんが他の色んな大会に…」
って言われたところで小さく首を振る店長さんが面白すぎるw
1回戦同様1問目の手が重い古賀くんでしたが、
なぜか2問目に強い。
結果2問目だけで全ての審査員からベストアンサーをもぎ取りました。
しかし、全てのベストアンサーを奪われても勝利してしまう
店長さんの平均点の高さ!
全回答のポイントをトータルしたら店長さんの圧勝なんですが、
この鼻差の決着は地獄大喜利ルールならでは。
ヒリつきました。

【結果】
ジャッジ松澤[11 - 11]ドロー
ジャッジいっぺぃ[11 - 11]ドロー
ジャッジらんちゅう[11 - 12]店長
勝者「店長」




準決勝第2試合『番茶が飲みたい vs リッキー』
【動画】

面白いくせに、時折レールを大きく脱線してしまう2人の対決。
ストリートファイターとかでいうと、
たぶん2人ともザンギエフタイプなんでしょうね。
一撃一撃が大胆で豪快だけど、
空振る時は大いに空振るみたいな。
それもひっくるめて楽しめるからいいんですけど。
でもその反面、答の調理の仕方がうまい2人でもあり、
番茶さんの「煮ガム」なんかも、
そのまま普通に出したらたぶん1ポイント回答なんですが、
「おいしいおいしい煮ガムだよ」って味つけで
いっぺぃさんと僕から3ポイントもぎ取ってます。
一方のリッキーさんもあの声と、
フリップに書いている言葉以外の前付けの見事さが
予選から光ってました。
リッキーさんの最後の最後の一撃が勝負を決めました。お見事!

【結果】
ジャッジ松澤[12 - 12]ドロー
ジャッジいっぺぃ[12 - 13]リッキー
ジャッジらんちゅう[13 - 14]リッキー




決勝『店長 vs リッキー』
【動画】

そして決勝。
予選大会「拳」から考えるとリッキーさんは6連勝中!恐るべし!
対する店長さんは準決勝でヒヤヒヤもんの勝利、
逆にもう捨てるものがないテンションで臨めてたかもと思ったり。
両者ともに「らしい」回答の応酬で非常に楽しい試合でしたし、
お題もかなり答えやすいヤツを用意した甲斐あったなと思いました。
解説も楽しかったなー。加トちゃんお題が特に。
選挙お題での店長さんの井脇ノブ子回答は
客席アンケートの集計結果ベスト回答に選ばれた名回答でした。
リッキーさんも相当面白かったし、
普通なら勝ててるくらいのクオリティで回答してたんですが、
店長さんのホームランバッターっぷりがハンパじゃなかった。
いやー、凄かったです。

【結果】
ジャッジ松澤[14 - 11]店長
ジャッジいっぺぃ[15 - 11]店長
ジャッジらんちゅう[16 - 14]店長


優勝は「店長」さんでした!!!!!!!!!
おめでとうございます!!!!!!!!!!




楽しかったー!
本当にありがとうございましたー!
  1. 2013/04/27(土) 13:22:45|
  2. レポ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『福岡地獄大喜利~業~』出演者紹介その8【リッキー】

3月3日の開催まであとわずか!!!

追い詰められてきたー!!!

大喜利トーナメントバトルライブ「福岡地獄大喜利~業~」
トーナメント出場者、最後の一人をご紹介!!!




リッキー

rikki-san.jpg

1973年、福岡県出身。
半角でリッキー。
北九州の大喜利組織「おもさそ」の構成員。
今回の出場者の中で群を抜いてオッサン。
反抗期の娘さんを育てる、はたらく大喜利おとうさん。

1月6日に開催された予選大会「福岡地獄大喜利~拳~」で優勝し、
今大会への出場を決めたリッキーさん。
めちゃくちゃ正直なところ、
いままで自分はあんまりリッキーさんの大喜利にドハマリしてなかったんです。
たしかに面白いのは面白いけど、なんか今一歩惜しいなぁとずっと思ってて。
(アホみたいにエラそうですね、ごめんなさい!)
それが昨年末に北九州で開催された「おもさそFinal」で、
「ありゃりゃ!?リッキーさんハジけてるんじゃないコレ!?」って思って、
そんでそれが地獄大喜利予選で爆発した感じ。
いやもうホントに予選大会は全試合文句なしの快勝で、
ひたすら腹かかえて笑わさせて頂きましたし、すげーかっこよかったです。

リッキーさんと初めてお会いしたのは2010年の初夏で、
今回の地獄大喜利の会場と同じ甘棠館で、
その時はリッキーさん、ヨロさん、Rさん、ぱちーのさん以上4名のおもさそ勢が
お笑いライブの大喜利コーナーに殴り込みにきた!みたいな感じの図式で、
その時まだ芸人辞めたてだった僕はまだお笑いライブに出てて、
その時のおもさその皆さんはやっぱり初めての舞台での生大喜利で緊張してて、
思うような大喜利ができてなかったと思うんですね。
ちなみにその時は僕が優勝しました、あざす。
んで、その頃から考えると、
今みたいにおもさその皆さんが本領を発揮して劇場でハバをきかせてる様が
非常にドラマチックですし、爽快なんです。僕には。
1月のリッキーさんの優勝は、そういった訳で胸が熱かったです。

そして3月3日、
地獄の底から這い上がった男が、
大喜利地獄の頂点を目指す!!
相手は6人の外敵と1人の盟友。
自称「一番おもしろい」男の闘いが今始まる!!





『福岡地獄大喜利~業~』
2013年3月3日(日)
15時開演
会場:甘棠館SHOW劇場(唐人町商店街端のパン屋横の階段上)
入場料:2,000円

【トーナメント出場者】
大迫旭洋
借りパク憐れみの令
古賀充泰
店長
ネイノーさん
番茶が飲みたい
ヨロ昆布
リッキー

【ハーフタイムスペシャルマッチ】
ぱとらっこ vs 清野由佳理

【審査員】
いっぺぃ
松澤
らんちゅう
  1. 2013/02/26(火) 20:31:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『福岡地獄大喜利~業~』出演者紹介その7【ヨロ昆布】

いよいよ開催まで1週間を切った地獄大喜利!!

やばいよー!!

準備間に合うか不安だよー!!

お客さん来てくださるか不安だよー!!

そんな不安でいっぱいの中、
トーナメント出場者7人目のご紹介!!




ヨロ昆布

yorosan.jpg

1978年、福岡県出身。
北九州の大喜利組織「おもさそ」構成員。
通称・ヨロさん。

ヨロさんには絶対出てもらわなきゃと思い、今回オファーさせていただきました。
2012年のヨロさんは本当にアホかってほど強かったです。
特に8月に開催されたおもさその定例会でのシングルトーナメント決勝で、
僕はヨロさんとタイマン張らさせて頂いたんですが、
もう後半戦意喪失しちゃうくらいタコ殴りにされました。
あんなにレイプされるような負けを経験したのは後にも先にもありません。
で、11月に開催された、関西の大喜利オフ「純豆腐の会」さんとの
合同大喜利オフ「おも豆腐の決戦」でのいっぺぃさんとの対決でも、
惜しくも敗れこそしたものの、物凄くいい勝負を見せてくれました。
その動画はコチラ↓↓↓せっかく面白いのに再生数少ないからみんな見てね。
【ヨロ昆布 vs いっぺぃ】
↑↑↑「すいません。負けちゃった。」って言うヨロさんがめちゃくちゃかわいいよ!

生、ネット問わず、
ヨロさんの大喜利にはバットで脳天をガチーンってやられるような
目を覚ましてくれる回答があって、
「ああそうか!これが大喜利だ!」って思わせてくれます。
「すみません!ボク間違ってました!」って土下座したくなっちゃいます。
ホント、いつも自分が薄っぺらな大喜利やってる分、
正解に近いような重厚さをもった回答を見るとそう思っちゃいます。
それでいて同時に本当にどうしようもないほどゲスなやつを出すのもヨロさんで、
毎度毎度、「この人、大喜利で遊ぶの上手いなー。」って感じます。

今回、純粋な福岡勢では唯一のシード。
もちろんフェアにジャッジしますが、「福岡地獄大喜利」って謳ってる分、
なんだかんだ福岡の人間に優勝してもらいたい気持ちもあり、
そんなわけで今回ヨロさんに「番人」をお願いした次第です。

おもさその大番頭が、遠征組に牙を剥く!!





『福岡地獄大喜利~業~』
2013年3月3日(日)
15時開演
会場:甘棠館SHOW劇場(唐人町商店街端のパン屋横の階段上)
入場料:2,000円

【トーナメント出場者】
大迫旭洋
借りパク憐れみの令
古賀充泰
店長
ネイノーさん
番茶が飲みたい
ヨロ昆布
リッキー

【ハーフタイムスペシャルマッチ】
ぱとらっこ vs 清野由佳理

【審査員】
いっぺぃ
松澤
らんちゅう
  1. 2013/02/25(月) 21:35:09|
  2. 紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『福岡地獄大喜利~業~』出演者紹介その6【番茶が飲みたい】

いよいよ来週!!!

大喜利トーナメントバトルライブ
「福岡地獄大喜利~業~」!!!

トーナメント出場者紹介6人目は、コチラ!!!




番茶が飲みたい

bancha.jpg

1986年、福岡県出身。大阪府在住。
学生時代から雑誌投稿コーナーに投稿を行ない、
現在10年以上のキャリアを持つハガキ職人。
転脳児杯、鴨川タッグフェス、オオギリダイバーなど、
数々の大会で優勝を掻っ攫っている大会荒らしでもある。

今回の地獄大喜利のサブタイトル「業」は、
番茶さんのイラスト「パン2枚を与えるとを業3つと交換してくれるおじさん」から
頂いてつけさせて頂いたものです。
そのイラストを組み込んだ今回のwebフライヤーはこちら↓
gou2tsu.jpg

このイラストが象徴するように、
その異様な発想力、つかみどころの無さで客席を翻弄しつつも、
お題にガシっとハマった回答も出してくるのが番茶さんスタイル。
こと、大会における番茶さんの強さは規格外。
なんか知らないけど大会に強い。
たぶん見る人のハートを掴む握力がえげつないんです。
大喜利の神様に愛されてるんです。
「降りてるなー」って今まで何回も思わされてきました。

オファーのきっかけは、特にないんです。
面白い人を呼びたいなって思ったら、番茶さんが浮かんだだけで。
似たタイプがいないんですよね。
小道具を使ったりするので、すり身さんと比較されたりもするけど違うし、
「妙さ」が際立つ関西大喜利シーンにおいても異質な妙さを醸してるんです。
妙で濃厚。

わりかし正統派寄りの回答者が揃ってる
今回の地獄大喜利のトーナメント出場メンツの中にあって、
明らかに異質な空気を放つ存在。
文字通り台風の目となり、九州のタイトルまで奪取してしまうのか!?





『福岡地獄大喜利~業~』

2013年3月3日(日)
15時開演
会場:甘棠館SHOW劇場(唐人町商店街端のパン屋横の階段上)
入場料:2,000円

【トーナメント出場者】
大迫旭洋
借りパク憐れみの令
古賀充泰
店長
ネイノーさん
番茶が飲みたい
ヨロ昆布
リッキー

【ハーフタイムスペシャルマッチ】
ぱとらっこ vs 清野由佳理

【審査員】
いっぺぃ
松澤
らんちゅう

  1. 2013/02/24(日) 16:19:10|
  2. 紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ranchuranchu

Author:ranchuranchu
らんちゅうです。
 
福岡で生存してます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
紹介 (24)
レポ (9)
情報 (15)
大喜利 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。